事業紹介

下水管路

下水管路施設は、生活排水・事業場排水・自然水(雨水・地下水)などで構成された下水を処理施設まで運ぶための施設です。しかし、下水の流れがスムーズに行われない地点(たるみ・木の根・伏せ越し等)が存在すると、施設底部に下水中に含まれる固形物が沈降・堆積し、閉塞や悪臭などを引き起こす原因となります。このような状況を未然に防ぐためには、定期的な施設の清掃・調査が重要です。

当社は、専門スタッフにより施設の種類、土砂の堆積状況及び作業環境に適した清掃・調査に努めています。

管渠内清掃

管渠内清掃

管渠内清掃は一般的に高圧洗浄車と強力吸引車を用いて管渠内を洗浄します。管渠内には汚水が流れているため、沈殿物が堆積しやすく、雨水管や合流管内では、土砂等の堆積も多々あります。これらの堆積物を放置すると取付管からの流入が困難になったり、汚水が滞留することによって悪臭の原因となるため、定期的な清掃が必要となります。

当社は、中小口経管や大口経管などの管内を、特殊な車輌・機器を用いて、作業効率・安全性・衛生面に優れた清掃を実現します。

管渠内TV調査

管渠内TV調査

下水道管渠調査では、主に劣化した管渠を重点的に腐食、破損、クラックなどの劣化状況、浸水状況、管渠の上下のたるみ、堆積物などの流下能力阻害状況の有無を把握することが目的です。

当社は、テレビカメラを使用して、上流マンホールから下流マンホールへと移動させ、問題箇所を早期に発見致します。

管渠補修

管渠補修

管渠の中でも損傷や劣化が激しい状況におかれやすいのが下水道管です。下水道管の多くは道路や歩道下に埋没されていることが多く、またそれ故に道路を走る大型車輌等による加重や振動により、管自体の劣化の進行が早く、補修を余儀なくされるケースが増えてきています。

当社は、適正な補修工法を選択し短い工期で効率的且つ経済的な管渠の補修を行います。

ページ上部へ戻る